Gentooデビューしました

メインの開発マシンのOSをUbuntuからGentooにしました。Gentooにした理由は割となんとなくだけど、強いて言うならGentooいいよっていう人の気持ちを知りたいのと、あとPortageは割と好きだからかな。Ubuntuに不満があったわけでもない。Unityは好きじゃないけど、どうせXMonad使うし。

インストールは第2回 Gentoo Linux インストール講習会 : ATNDに参加したおかげで起動するまでは割とすんなり(Thanks @ursm, @kenchan)。Funtooもいれて、実際起動するところまでは持っていったけど無線LANの設定とかがGentooのドキュメント通りじゃなくて混乱したので今回はやめた。

Gentooのインストールは色々と勉強になった。パーティション切るのも中学生の時に本に従ってLinuxいれた時以来だし、GRUBに至っては触ったことなかったし。ほかにもカーネルやXとかの設定とか、普段は動くものがすぐそこにあるだけだから意外に知らないのよね。

とりあえず今はXfce4 + XMonadの環境を作った。XMonad単体の方がいいんだけど、PDFリーダとかメッセンジャーとか何使ったらいいかわからなかったからとりあえずXfce4を使うようにした。GNOME3いれようとしたけど挫折。

そんなわけでしばらくはGentoo生活を送ります。