duostackでnode.jsアプリを動かすまで

node.jsのインストール

何はともあれnode.jsのインストール。aptではなくgithubからリポジトリをcloneしてmakeした。最近はapt以外のものは$HOME/localに入れるルールでやってるのでnode.jsも同様に。node.jsをsudoで入れると結構ハマるみたいな話を聞くので特に理由がなければaptとかで入れるか$HOME以下に入れるのがよさそう。

$ git clone git://github.com/joyent/node.git
$ cd node
$ ./configure --prefix=$HOME/local
$ make
$ make install
$ which node
/home/ukstuido/local/bin/node

npmのインストール

duostackを使うのにnpmが必要なのでnpmもインストール。curl使う方じゃなくてmakeしてインストールした。curl … | sh の形式があまり好きじゃない程度の理由。

$ git clone git://github.com/isaacs/npm.git
$ cd npm
$ make install
$ which npm
/home/ukstudio/local/bin/npm

npmがインストールされる場所は特に指定しなくても$HOME/localに入った。node.jsの位置でも見てるんだろうか。よくわからない。

duostackのインストール

あらかじめ、Duostackのアカウントは取っておくこと。結構すぐ登録確認メールが来る。

duostackのインストールは-gオプションを付けないとnode_modulesディレクトリがカレントディレクトリに出来る。最初-gオプションを知らなくて困惑した。

$ npm install -g duostack
$ which duostack
/home/ukstudio/local/bin/duostack

アプリの作成とデプロイ

ここまで来るとDuostack · Docs: Quick Start Guideに従うだけでOK。

適当なディレクトリを作ってそこにserver.jsを置く。

$ mkdir sample
$ cd sample
$ vim server.js
git initしてやる。
$ git init
$ git add .
$ git commit -m 'init'

duostackコマンドでアプリケーションを登録。ここで指定したアプリ名がそのままドメインになる。

$ duostack create ukstudio
$ git push duostack master

無事にpushできればURLが表示されているはずなのでブラウザで確認する。今回の例だとhttp://ukstudio.duostack.net/になる。

こんな感じでduostackでnode.jsアプリを動かすところまで試してみた。herokuとかもそうだけど、こうサクッとアプリが動かせる環境があるのはうれしい。

次はnode.js + CoffeeScriptとか、もうちょっとアプリらしいアプリを作ってみようかな。

追記: duostackでCoffeeScriptを動かす

CoffeeScriptからコンパイルしたJavaScriptを乗せるんじゃなくて、CoffeeScriptそのものを乗せる方法。server.jsは必要っぽいのでそこからrequireする形にした。CoffeeScriptはアプリの中にインストールしておく。 これで一応動くことは動く。

$ npm install coffee-script