pathogen.vimとneocomplcache.vimのスニペット機能

vimの環境を少し整理した。

pathogen.vimを使うことにした

tpope's vim-pathogen at master - GitHub

我らがtpope先生のプラグイン、pathogen.vimを使ってプラグインを管理するようにした。.vim/bundleにあるプラグインに対してruntimepathを追加してくれるので、今まで.vim以下のautoloadやpluginsとかにバラバラになってたプラグインを1つにまとめたまま管理できる。

1つにまとめられると、githubとかにあるプラグインはgitのsubmoduleで扱うことが出来るので便利。特にgithubにあがってるようなプラグインは更新が速いものが多いのでなおさら便利(unite.vimとか)。これで主要なプラグインの更新はgit submodule updateで済む。

ちなみに今のディレクトリ構成はこんな感じ。 .vim/bundle at master from ukstudio's config - GitHub

ちなみにこういうことをしていて、プラグインの自動更新とかがデフォルトでないvimもいい加減レガシーな環境だよなぁと思うのであった。

neocomplcache.vimのsnippets機能を使いはじめた

何となくなじめなかったsnippets機能だけど、neocomplcacheにいつのまにか実装されてたので試すことにした。とりあえず、rspecまわりをいくつか追加したけど思いの他便利である。補完で候補がでてくるのとsnippetsの編集がラクなのがとてもいい。

.vim/snippets/rspec.snip at master from ukstudio's config - GitHub