RailsDevCon2010で話してきました

RailsDevCon2010、お疲れ様でした。主催かつ発表のお声をくれた@ysakakiさん、スタッフの方々、スピーカー、発表を聞いてくれたみなさま、どうもありがとうございました。

今回、「Railsプロジェクトを成功させるために現場ができること」というタイトルで話したけどびっくりするぐらいRailsに関係のない話。オマケ程度にちょこっと。以下、資料です。

テーマとしては、@ysakakiさんから声をかけて頂いた時に、[Railsの現場でまだまだバージョン管理すらしてないところあるよね。そういう基本的なところを改めて赤松さんの方から話して欲しい」と言うことだったので、個人的に基本的な所と言うと「TDD」と「バージョン管理」(できれば継続インテグレーションもいれたい)だったので、その変も踏まえて技術的負債というトピックを扱った。

具体的な話をしても、スクリーン上じゃコード読みづらいし、わかりにくいかなと思ったので少しぼかした形で発表したわけだけど、全体的にふわふわと掴みどころのない話になってしまったかもしれない。次どこかで発表する時、もしくはブログにでももっと具体的なコードレベルのことを書きたいな。

懇親会は二次会まで参加した。久しぶりに同世代の人と話せたのは楽しかった。ぜひぜひこれからも頑張ってほしい。