Gmailを便利に使ういくつかの方法

今のところ仕事、プライベート共にメールは全部Gmailでまかなっているのでそこらへんのtipsとかをまとめておきます。

mailtoをGmailにする

PCでGmailを使うにあたってメーラーを使わずWebで済ませていますが、その場合mailtoをクリックしたときに使ってもいないMail.appが起動してしまったりと困る場合があります。

その場合、Google Notifierを使うと便利です。Google NotifierはGmailの受信通知やGoogle カレンダーのリマインダ通知などをしてくれるアプリですが、簡易的なメール送信機能もありmailtoにそれを指定することができます。メーラーを使うほどでもないけど、通知とmailtoの設定ぐらいはしたいという時に便利なアプリです。設定は設定画面のAdvancedタブにあります。

複数のメールアカウントを1つのアカウントに統合する

実は普段使うメールアカウントを2つ程持っています。理由は元々Gmailドメインをそのまま使っていたのですが、仕事の都合上独自ドメインでも運用したくなりGoogle Appsで改めてアカウントを取得した為です。2つアカウントを持っているとそれぞれログインしなおしたりするのが面倒なので1つのアカウントに統合すると便利です。

とりあえず、普段使用したいアカウントをA、統合してしまいたいアカウントをBとします。

まず、受信ですがこれは単純に転送設定を用います。アカウントBでログインし、「設定」から「メール転送とPOP/IMAP」から転送アドレスを追加します。後は好みでアカウントBのメールはアーカイブするなり削除するなりすればいいでしょう。アカウントAでは一応わかりやすい用にアカウントBから転送されたメールにはラベルを付けるようフィルターの設定をしています。

次に送信です。実はGmailにはFromのアドレスを独自に設定することが出来ます。アカウントAの「設定」から「アカウントとインポート」を選び、そこにある「別のアドレスからメッセージを送信」を選びます。後は指示に従ってアカウントBのアドレスを設定します。これでアカウントAにログインした状態からアカウントBとしてもメールを送ることが出来ます。

同じく、「アカウントとインポート」から「メッセージの受信時」の設定を「メールを受信したアドレスから返信する」にしておくと返信の際にアドレスが変わってしまうということがなくなります。これでHT-03Aなどでも受信したアドレスで返信することが出来るようになります。

参考: 独自に設定した [From] アドレスの追加

ただ、GmailやGoogle カレンダーは複数アカウントに対応しはじめたみたいなので人によってはわざわざこういう設定をする必要はないかもしれません。ただ、僕の場合HT-03Aがアカウントの切り替えに対応しておらずしばらくはこの設定で運用することになりそうです。

グループに登録してある人にまとめてメールを送信する

Googleの連絡先には「グループ」という概念があります。グループに連絡先をまとめておくことで、まとめてメールを送信することができます。MLを用意する程でもないけど複数人数で話題を共有したいというときにちょっと便利です。

やり方は連絡先にグループを作り、そこに連絡先を登録しておきます。後はWebでメールを新規に書くときにFromの欄でメールアドレスと同じようにグループ名がサジェストされるのでそれを選択するだけです。後は自動的にメールアドレスが補完され記入されます。

参考: 連絡先グループのメンバー全員にメッセージを送信するにはどうすればよいですか。 - Gmail ヘルプ

ラベルをネストにする

Gmailにラベルという機能があります。ラベルはそれぞれ独立しており、そこに特に関係性はありません。しかし、Gmail Labsにある「Nested Labels」を使えば名前の通りラベルをネスト構造にすることができます。「設定」から「Labs」を選び「ラベルのネスト」(日本語版の場合です)を有効にし、あとは適切にラベルを設定するだけです。例えば僕の場合「ruby/ruby-list」「ruby/rubykaigi」と言った感じでラベリングしています。

ただ、紹介しといて何ですがそんなに便利でもないかなーというのが正直なところです。ですが、サイドバーのラベルが折り畳めるようになるのでラベルの数が増えてきて整理したいという場合にはそれなりに便利なのではないかと思います。