VimM#3を開催してきました

本日、VimM#3を東京大学秋葉原キャンパスにて開催してきました。協力頂いた、星さん、笹田さんありがとうございました。また、参加頂いたみなさん、本当にありがとうございました。グダグダな部分もありましたが、無事終えることができました。

以下、簡単な感想。

Vimで効率的なテキスト編集 - ukstudio

自分の発表。相変わらず準備不足・・・とりあえず資料。

なるべく、チュートリアルに載っていなくて初心者が知らなそうなものをいくつか選んだつもりだったけど、ちょっと微妙だったかも。

マクロ - taku-o

名無しのvim使いのtaku-oさんによるマクロの説明。

実はマクロとか全然使ったことがなかったので参考になりました。なんとなくマクロは避けてた、と言うよりは無理に触れようとしてなかったんだけど仕組み自体は簡単そうなのでちょっと使っていこうかなと。とりあえずこう言うのは無理にでも書かないと感覚が掴めなさそうなのでちょっと頑張る。

俺の.vimrcを見ろ!PHP使いの為の設定プラグイン - halt

PHPerであるhaltさんによる発表。

「武士にとっての刀」というフレーズがおれの発表と丸被りで焦ったw autocomplpop.vimの紹介も実は簡単にしようかなと思っていたのだけど、こちらは省いたおかげで被らずに済んだ・・・

PHPのマニュアルをVimのヘルプにコンバートはいいアイディアだなと思った。確かにマニュアルを見るときはプログラミングを書いてるときなので、その方が手間は少なそう。

operator. the true power of Vim - kana

kanaさんによる発表。

Vimの習熟度によってLv0〜Lv7を定義。ちなみにおれはLv3でした。ビジュアルモードを使わなくなってやっとLv4らしい。あとテキストオブジェクトやばい。ライフチェンジン>グとは聞いていたけど、なかなか馴染めなくて後回しにしてたせいで結局身についてない・・・

とりあえず、ap、ipから覚えることにした。ちなみにLv7は1年じっくりVimを使えば辿りつけるらしい。

第2部 Q&Aセッション

Lingrだかどっかでkanaさんがボソっと言ったことにより企画したセッション。会場の人に質問してもらって、会場の人に答えてもらう。

正直、始めるまでは「質問なかったらどうしよう」とビクビクしたけど、正直グダグダなところはありつつも結構盛り上がったようなので良かったのかなと。もうちょっとうまく仕切れたらよかったのだけれど。あとマイクとかはあった方が良かったのかもしれない。

それともったいないなぁと終わったあとに思ったのは、質問内容とそれに対する回答を記録してなかったこと。前で仕切りながらやるのは厳しいので誰かにお願いしとけばよかったのかも。

謝辞

何はともあれ、なんとか無事に終えることができました。多数のご参加とご協力ありがとうございました!