Leopardをインストール

来年から仕事でMacBookを使う可能性がでてきたのもあって、OSをLeopardに入れ替えた。仕事で使い始めると入れ替えるタイミングが難しくなるからね。

Webクリップウィジェット

LeopardからSafariで見ているページをDashboardにクリップできるようになった。試しにFuwatterをクリップしてみた。特に重たい感じもなく、普通に動く。 fuwatter

Time Machine

まだ未使用。使ってない外部HDDがあるからそのうち試そうと思う。

デスクトップ

とりあえずStack機能とやらを試してみた。表示の種類に「ファン」と「グリッド」とあるが、個人的にはグリッドの方が好き(キャプチャの方) ただ、ディレクトリにはTerminalからか、QuickSilverからアクセスすることがほとんどなので、有効活用するかどうかはまだちょっとわからない。

あと、細かいことだけど画像ファイルのアイコンが、その画像を縮小したものになっているのが地味にうれしい。画像はファイル名が無意味なものが多いオレとしては探しやすくて非常に良い。

Spaces

今回の新機能で実はコレが一番うれしいかもしれない。とりあえず4つに分割してるけど、Spacesの切り替えが頭の切り替えと直結してる感じで若干集中力が増した様な気がする。気がするだけかもしれない。

インストールしたもの

今回インストールしたアプリ。メモがてら。

開発系

  • Xcode
  • Dashcode
  • MacPorts
  • zsh-4.3.4(MacPortsで)
  • Ruby、Perl(MacPortsで)
  • vim(MacPortsで)
  • コミュニケーション系

  • Adium
  • Skype
  • LimeChat for Mac OS
  • ユーティリティ

  • QuickSilver
  • Chemr