RetrospectivaをMacBookに設置してみた

blog . retrospectiva

どんなものか試しに設置してみた。あくまで試しなのでSQLite、WEBrickで。まずは必要なソフトのインストールから。

SQLite3のインストール

MacPortsを使ってSQLiteを、RubyGemsを使ってSQLiteを扱うライブラリをインストール。
% sudo port install sqlite3
% sudo gem install sqlite3-ruby

retrospectivaの設置

Quick Install - wiki . retrospectivaを参考にしつつ。

% svn export http://retrospectiva.googlecode.com/svn/branches/1-0 retrospectiva
% cd restrospectiva

リポジトリからファイルを持ってきたら、DBの設定がMySQLになっているのでSQLiteの設定に変更。

% mv config/database.yml.todo config/database.yml
% vim config/database.yml
database.yml
development:
  adapter: sqlite3
  database: retrospectiva_development

test: adapter: sqlite3 database: retrospectiva_test

production: adapter: sqlite3 database: retrospectiva

rakeは試しなのでdevelopment(引数なし)で。特にエラーがでないようならWEBRickを起動してhttp://localhost:3000/にアクセス。

% rake db:retro:load
% ruby script/server

IDとパスワードを聞かれるので admin / passwordを入力。

適当にプロジェクトを作ってみた感じが以下のキャプチャ。

SVNの連携とかはまたそのうち。Rails環境があれば、とりあえず起動するのはラクチン。